瀬戸蔵ミュージアムに行ってきました!

愛知県、瀬戸市にある、瀬戸蔵ミュージアムに行ってきました。
※縦位置の写真を横にしているのは、手抜きではありませんー(不快な思いをされましたらごめんなさい)

瀬戸蔵ミュージアムには、昔の尾張瀬戸駅、電車、街並が再現されているスペースがありますねー!
再現された、尾張瀬戸駅に停車中の緑の電車・・・
あれ?どこかで見たことが・・・

ピンと来た方は、かなりツウです。自慢できます。

昔、瀬戸線(通称せとでん)は、尾張瀬戸から、名古屋城のお堀の中を走っていることで有名な電車でした。
今は、地下を通って栄町まで乗り入れていますが、そうなる前(40年ほど前の話になるそうです)は、この緑色の電車が、元気よくお堀の中を走っていたのです。


その後、この電車は、岐阜県の谷汲線へ。
この電車にとって、谷汲線が最後の活躍の場所になりました。

谷汲線廃止後ー
この電車は、瀬戸蔵ミュージアムで保存されて、訪れた人達を昔の瀬戸の街並にタイムスリップさせてくれます。


瀬戸蔵ミュージアム 街並


瀬戸蔵ミュージアム 尾張瀬戸駅


瀬戸蔵ミュージアム 尾張瀬戸駅2


鉄道は、地域と人、生活や文化を結ぶものだと思います。
同じ電車を保存している瀬戸と谷汲・・・ 電車を通じて、お互いの施設が、お互いの歴史、文化を紹介しあえたらきっと楽しいだろうなー
なにより、鉄道にぴったりなテーマですよね!


谷汲線の写真や資料など、この電車と一緒に展示できないかなー
妄想だけで終わらせてしまうのはもったいないので、瀬戸蔵ミュージアムにいってきました。


担当者さまと1時間ほど。
なにもかも、すばらしぃ!!!

あっさり、この施設のファンになってしまいました。


どのような施設なのか、気になる方はHPで確認してみてください。
瀬戸蔵ミュージアム 瀬戸市HP

お時間いただきまして、ありがとうございました。

masaki
駒田匡紀(こまだ まさき) 1971.6.13 フリーカメラマンです  撮影や取材など、お問い合わせは、コンタクトフォーム、メールをご利用いただけます。 スタジオについてはPhotoStudioをご覧下さい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください