だいぶ時間が経ってしまったが轍の会!素敵過ぎる写真を見せてもらった件

お仕事仲間で構成されている、『轍の会』。

それぞれ、得意分野があり、鉄分補給のためには、手段を選ばないぐらいの勢いだけど、ギラギラしすぎていないゆるさが命の大人の会です。

会の活動内容は、こんな感じです。

中央西線に重連貨物を追う!共通の趣味は好みを超えるっ

約一名クリームパンについて語っていますが、大人の鉄分補給としては充分です。

そんな素敵なメンバーさんから、お誘いのメール。
スケジュールがあわず撮影にはいけなかったのですが、そこで素敵な写真を見せていただく事ができたのでシェアしてみたいと思います。

こんな写真があるなんて素敵過ぎるじゃないかっ


まずは、ミーティングにつきものの美味しいお料理を堪能します。



名古屋コーチンの網焼きなど
名古屋コーチンの網焼きなど




「ミラーレフお願いしますっ!!」
などと、アングルそっちのけで、お料理を楽しみます。



実は、ずっとあたためていた写真があったので・・・
と、見せていただいたのが、京成電鉄のこの写真。



京急の青電 こちらは数十年前のもの
京急の青電 こちらは数十年前のもの




小学校の頃、お父さまとお出かけして撮ってもらった写真だそうです。
写っているのは、現役時代の青電。
駅は、どの駅で撮影したのか・・・記憶に残っていなかったそうです。

数十年という時間が経過して、京成電鉄に青電のカラーが復刻しました。



京急の青電 こちらは復刻
京急の青電 こちらは復刻




この復刻カラーの電車と、数十年前の同じ駅、同じアングルで撮影したのがこの写真。
今回、シャッターを切ってくれたのは弟さん。
駅の記憶はほとんどなかったので、実際に電車に乗って記憶を呼び起こしながら場所を特定したそうです。


車輛もかわり、駅のホームの雰囲気などもしっかり見ていると変化が見えます。
ずーっと、ずーっと並べて見ていたい、そんな気持ちになったのはいうまでもありません。

と、いうわけで、写真を撮って、BlogにUPさせていただく事になりました。

嬉しそうに、この写真について解説してくれるMさんが、とっても羨ましく思えました。
素敵な写真をありがとうございました。

masaki
駒田匡紀(こまだ まさき) 1971.6.13 フリーカメラマンです  撮影や取材など、お問い合わせは、コンタクトフォーム、メールをご利用いただけます。 スタジオについてはPhotoStudioをご覧下さい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください