KomaPhoto

Photographer Masaki Komada's site

たくさんのふしぎ9月号『すてきなタータンチェック』を撮影した話

| 0 comments

たくさんのふしぎ9月号

たくさんのふしぎ2018.9が発売されました。
一見僕とは関係なさそうですが、イメージカットの撮影などを担当させていただきました。

大事なのでもう一度。
リピートアフターミー(爆

名古屋在住の僕が撮影を担当させていただきました

撮影したからというわけではありませんが、とても楽しい本でしたので、本の宣伝も兼ねてシェアしてみたいと思います。

名古屋の僕が東京の仕事を受けた経緯

地方の時代といわれてもう何年経過しているでしょう・・・
地方を見直すどころか、現実は、かなり厳しい部分も感じます。

僕は、あちこちの地域へ出かけ、自分の地域を愛する美しい姿、悲しみの涙をたくさんみてきました。
鉄道がなくなり、学校がなくなり、地域の活力はどんどん低下している昨今・・・

そんな中でも、自分たちが暮らす地域の良さを理解し大切にしているからこそ、周囲の環境にも優しさを持って接することができることも肌で感じてきました。
だから、なんでもかんでも東京がいいなどとは思っていません。
が、あえていわせていただくと、この仕事を名古屋にいながら成し遂げたことは僕にとって意味があることです。
地方にお邪魔して、素晴らしい、価値があると言っているだけでは説得力がありません。

地方でもできるのだ!と、いうことを示すいい機会に恵まれました。

今の時代、やり取りはネットも発達しているので問題にならないと感じます。

と、書いていますが、初めにこの話を聞いた時は、東京の会社だし、東京にはうんとうまいカメラマンが山ほどいる。
嬉しいお話ではあるけれど、あまり効率的ではないと感じました。
問題を解決できるように、目標を手にするためにはどうしたら一番良いか考えたら、それが当然のことのように感じます。
電話で話を聞いているうちに、『何か役に立てることがあるかもしれない』そう感じたので、東京で直接打ち合わせをさせていただくことにしました。
『最低でも、腕もよく気前もいいお世話になっている先輩カメラマン達を紹介できる。そうすればきっと問題も解決できて役立つだろう』そんなつもりで打ち合わせに向かいました。

打ち合わせをしている間に僕が撮ることになっていました。
他の人を紹介する雰囲気ではなくなっていたのです。

打ち合わせは、ヘビーなものでした。
倒れそうになりました。

でも、役に立つにはどうしたらよいか。
何が一番良くて、何が一番必要で、問題を解決するにはどうしたらよいかを考えました。

見えてきたことは、
  • 穂積和夫(ファッションの大巨匠)さんのイラストを補完する
  • そのためには基本を突き詰めること
  • 子ども達に大人の本気を示すこと
求められていることはこのようなことだと感じました。
そしてさらに
  • 未来ある子どもたちに対して可能な限りのことをする
  • チェック柄に興味を持ってもらえるようにする
  • 著者の奥田実紀さんの文章にインパクトを持たせる
  • 作品を作ろうとしない(カメラマンとして良い写真を撮ろうとしない)
  • なんで名古屋のカメラマンを使うの?と言われないようにすること(これ大事)
が、必要だと感じました。
理由は様々ありますが、子ども達のために(それがたとえ見ず知らずの子どもだとしても)、休みが、残業が、などなどを言い訳にして、手抜きをする大人がどこにいるでしょう?
ですから細かい条件、それは後の話です。やるのかやらないのか、つまらない大人になるのか立派な大人になるのか、プロになるのかアマチュアになるのかのどちらかです。

チェック柄に興味を持ってもらうということは、言い換えれば、この本を手に取った子どもの中から一人でも、チェックや布の楽しさを感じ、 それがたとえ趣味だとしても服飾の道へ進んでくれたらどれだけ嬉しいかということです。
たとえ一人でもそのような気持ちを持ってくれたら、大人にとってどれだけ夢や希望のある話になるでしょう。
ああ大人になったらこんな服を着てみたいそんな楽しみでも持ってもらえたらいいのです。

打ち合わせをしていて、凄い写真はいらないと感じました。

今回は、ガチなブツ撮り系の内容でした。
せっかく話をしてくれた方に迷惑をかけてしまうリスクが頭から消えません。
あえて名古屋にというのは、それだけで厳しい目で見られる気がしました。
せっかくお話をしてくれた方のために、少しでもケチがついたら良くないです。
名古屋のカメラマンなんか使うからといわれてもつまらないです。

だからプレッシャーになりました。
嬉しくもあり、疲れました。

ラストカットが残った

岐阜県 飛水峡 R41沿いの知人の喫茶店 ここのmamaが撮影のために掃除してくれた




撮影は順調に進み、全てのカットが終了しました。
ネットが発達しているので、カットの良し悪しもその場で判断していただくことができます。
なんら立会いの撮影と変わりません。
立会いだとずっとスタジオにいなければなりませんが、編集の方には自分の仕事を進めながら、必要な時だけ画面を確認することができるメリットもあったように感じます。
荷物さえ送っていただければ、撮影も数人で対応できますし、仮に立会いしたとしても大人の事情的な部分もいい感じなのではないでしょうか。
もちろん、東京での撮影にも対応できますので(ここ大事)。

全てのカットにOKもいただきました。

余力が残っていたら・・・そう予定していましたが、もう余力は残っていませんでした。

でも、全てのデータを確認しながらどうしてもモヤモヤしました。
気になったのは、ラストページのカットです。
話を聞いた時のことを全て思い出し何が必要か考えてみました。

やっぱり撮り直すことにしました。
もっと、子ども達に、ありありと、身近なものとしてチェック柄の存在を感じてもらう必要があるとわかったからです。

スタジオも考えたけれど、臨場感をもたせたかったのでロケにしました。
チェックを際立たせるためにやんわり1灯とパキッとナマ光1灯の計二発でライティングしました。
アシスタントを使えないので、僕が行ったりきたり、マフラーを整えながら進めました。
ここに載せた写真は、使われなかったロケのカットです。
岐阜の知人を訪ね、1日使ってこのカットを撮りました。

最後に

写真を撮る究極の目標は、人のために役立つことのように感じます。
誰か一人でも、思いもしない角度からでも、楽しんでもらえたり、喜んでもらえたり、助かったといわれたり、よく残してくれたといわれたりどんな些細なことでもいいのです。
改めてそう感じる機会になりました。

やりきってみて、久しぶりに清々しい気持ちになれました。

このような機会を与えてくれた編集者さん、今まで暖かく見守ってくださった皆さんに感謝します。
また、どこかの誰かのために役立つ機会が訪れますように。

ありがとうございました。


Author: masaki

駒田匡紀(こまだ まさき) 1971.6.13 フリーカメラマンです  撮影や取材など、お問い合わせは、コンタクトフォーム、メールをご利用いただけます。 スタジオについてはPhotoStudioをご覧下さい

コメントを残す

このマークがついている項目は必須です*.


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

«


© 2014 KomaPhoto