KomaPhoto

Photographer Masaki Komada's site

写真展のことon瀬戸蔵ミュージアム

| 0 comments

いろいろありましたけど、瀬戸蔵ミュージアムで写真展が決定しました。
あー長かった。

ここまでの道程がとても長かったので、開催期間も長めに設定しています。

開催日は、2012.08.04〜2012.10.28まで
場所は、瀬戸蔵ミュージアム内、旧尾張瀬戸駅。

瀬戸蔵ミュージアムページ

愛知県を走っていた瀬戸電と、岐阜県の谷汲線に同じ電車が走っていた縁があり、同じ電車を保存している施設同士を写真で結んでみよう!という趣旨です。


もの、ひと以外に、文化や出会い、生活そのもの、思いでを運んでいる、『鉄道』を表現するにはぴったりの企画になりそうです。

前回の記事で、未来を見るんだっ!なーんて、おっきなこといっちゃったのですが、対応して下さった担当者さまが描いている未来を、少し共有することができるのかなーと楽しみにしています。

愛知県在中なのに、地元での写真展、メルヘンハウスさんで開催したっきりなので、そういった意味でも楽しみです。

写真は活かしてこそ写真じゃないか!

さて、なんで個展に熱心でもないのに写真展をするかというと・・・

細かい理由はたくさんありますが、簡単にいうと、今とこれからを少しでもいい方向に変えていきたいから。
大きいことはできないけど、できる範囲のことで、どこかの誰かのために貢献できることがあれば、やってみたいと思っているから。

なにかできるのに、なにもやらないなら
自分は元気なんだしっ、生きているのか?って話でしょー


目先のちょっとしたお金や、ちょっとした個人的な幸福感を満たすより、面白いんじゃないかなー

ここでも、やっぱり未来が見えるかどうかが大切なんじゃね?

奇麗だ上手いだ、構図がいいだとかいっても、なにもしないなら、なんの意味があるのだろー???
薄っぺらい表面上の見かけのことは興味ないっ。
ま、僕の場合は、多少見かけが良くなったって大した写真でもないんだけどねXD

ヘタとかうまいとか超えたところで、趣味だったり、芸術だったり、記録だったり、写真だよね。
その方が、クールじゃないか。


なんだか疑問が膨らみ過ぎてきたので、今、できるうちにできる事をしているわけです。

企画を受け入れて下さった、瀬戸蔵ミュージアムの担当者さま、ありがとうございました。



Author: masaki

駒田匡紀(こまだ まさき) 1971.6.13 フリーカメラマンです  撮影や取材など、お問い合わせは、コンタクトフォーム、メールをご利用いただけます。 スタジオについてはPhotoStudioをご覧下さい

コメントを残す

このマークがついている項目は必須です*.


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

«

»


© 2014 KomaPhoto