KomaPhoto

Photographer Masaki Komada's site

E.INGRAHAM 四ツ丸時計

古き良き暮らしを訪ねる

| 2 Comments

「イギリスからきた、イングラハム。ネジを巻けば時刻は動くけど、時打はネジが切れてしまって。この時計は村で一番最初に家にきた時計なんだよ。」
E.INGRAHAM 四ツ丸時計。

アメリカのイングラハムは、家具職人だったイングラハムが、時計のケースから時計の製造に参入したメーカー


おばあさんが『イギリス』からと言っているので、イギリスを経由して日本に入ってきていたものかもしれない。
日本にあるものは、ほとんどが四ツ丸時計とのこと。




「母は、昔ながらの暮らしを大切にしている人です。きっと、もう母にしかできないようなことがたくさんあると思いますー」

半年ほど前、ちらっとそんなお話を聞いて、いつかお邪魔してみたいと思っていた『母』の家にお邪魔してきました。



かまど

火の番をするのがとっても嬉しくって楽しみにしていました





奈良県、天理市。
若い人は、ほとんど町の方へ出ていってしまい、山の手入れもままならない状態になってしまったひっそりとした集落。
『母』の家に案内してくれた『娘』さんが通っていた学校も今は跡形も無く。
バスも、一日3〜4本がくるだけ。

『昔は、田んぼがたくさんあって、ダムができる前は川で遊べて、お宮さんでは餅まきがあってー』
今でもじゅうぶん美しい風景を残しているように見えるこの集落も、ここで育った『娘』さんからすると、目の前に広がる光景は年月の経過とともに、かなり変化しているようだった。


その集落の中にある、築120年ほどの家が『母』の家。

「私のところは、全部一から・・・材料から作っているからねー」
今年で80歳、だいぶ元気がなくなったと聞いていたけれど、 お話を聞いて勝手に想像していたより、とても若々しく元気な人だった。


足踏みミシン

ここが代々おばあさんの席 西日を浴びながらここで手仕事をする





足踏みミシンのアップ

これが丈夫で一番使いやすい まだベルトの替えもあるんだよ





「同じものが前からあったけど、これは、捨ててあったから拾ってきたの。今の機械はすぐ壊れてしまうけど、このミシンは、調子が悪くても自分でなんとかできるし、使い勝手もいいね」
革のベルトも、まだ入手可能とのこと。
この家では、おばあさんの席という印象があるこの場所。
椅子に腰掛けて眺める景色もなかなか。

この席も、この席から見える風景についても・・・二人からたくさん聞くことができた。



「自然のものは、そのまま使っていく方がきっと効率がいい。やっとこんな生活が見直されるようになってくるのかなー」
「時間はかかるかもしれないけど、いつかきっと見直されると思うわ」

家族揃っての田植え、新年のお餅つき、四季折々の伝統、自分が育ってきた環境を大切にする暮らし・・・
明るく笑って話している、お二人の姿がとても印象的な一日。



薪

かまどやお風呂に使っている薪





素敵なものをたくさん見せていただきました。
ありがとうございます。

母屋の玄関

母屋の玄関





Author: masaki

駒田匡紀(こまだ まさき) 1971.6.13 フリーカメラマンです  撮影や取材など、お問い合わせは、コンタクトフォーム、メールをご利用いただけます。 スタジオについてはPhotoStudioをご覧下さい

2 Comments

  1. おばあちゃんの家に遊びに行ったような気持ちにさせてもらいました。
    懐かしくて、心があたたまります。トトロに出てくる家を思い出しました。(笑)
    私自身、古いものが好きだからか、
    昔と変わらずのモノに囲まれて自然の中に生きるということがとても尊く感じられます。
    ただ、ノスタルジックになっているだけなのかなー。
    でも時折思うのです。昔ながらの暮らしの良さを振り返ってみる必要がある今じゃないかな?っと。

    • breeze さん

      おはようございます;D

      こちらのおばあさん・・・っていえないぐらい、いきいきとしていらっしゃってー!
      初めてみた時は、ご本人さんとは思えませんでした。

      また、お邪魔したのですが、しっかり五右衛門風呂?で、のんびりしてしまいました(笑

      山あいのひっそりとした集落で、ほんとうに昔ながらの伝統的な習慣などをしっかり守って暮らしていらっしゃる方で。
      この方がいなくなってしまったら、もう再現できないかもしれないということがいくつもあるようです。

      この先、何度も訪ねる機会が持てそうなので、さり気なく記録させていただこうかなーと思っています。

      >でも時折思うのです。昔ながらの暮らしの良さを振り返ってみる必要がある今じゃないかな?っと

      きっと・・・いいものや必要なものは、時や場所を超えて生き続ける・・・たとえ形を変えても・・・
      心の中に持っていたいですね;D

コメントを残す

このマークがついている項目は必須です*.


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

«

»


© 2014 KomaPhoto